2018年8月17日金曜日

出展します。第54回ジャパンDIYホームセンターショー2018

すでに来週になってしまいましたが、8月23~25日の3日間 幕張メッセで開催される「第54回ジャパンDIYホームセンターショー2018」に出展します!
アスナルインテリアリペアキットを、特にクロスリペアキットを出展してデモンストレーションも行います。


3日間で10万人を越える来場があり、DIY好きの一般の方はもちろん、職人の方や色々な職種の方も多く来られます。 興味のある方は、無料招待券をたくさんご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい!

きっと何かが見つかりますよー^^)。

詳しくはコチラをご覧下さい!
↓↓↓↓↓↓




ガラス系コーティング剤、内装補修インテリアリペア・ガラスリペアの事はコチラ!
↓↓↓↓

世界に認められたカーケア商品グラニタイズ(GRANITIZE)ホームページ米国グラニタイズ社製 カーケミカル オートグロスシリーズの事はコチラ!
↓↓↓↓

#アスナル
#インテリアリペア
#内装修理
#ウィンドリペア
#グラニタイズ
#GRANITIZE

2018年8月7日火曜日

行ってきました。 オートモビルカウンシル2018

オートモビルカウンシル2018に行ってきました。
出展社数も過去2回よりも多くて賑わいを感じましたが、それでも静かな雰囲気の中で名車を真近でじっくり、ゆっくり眺める事ができました。
素晴らしい名車の数々は、殆どがプライスタグの付いている販売車輌です。

素晴らしいクルマの数々は、今やSNSでリアルタイムで見ることができるので端折させて頂きます(笑)…

平置きブースで、ハリボテや過去のクルマを並べてOBを立たせるメーカーがある中、ブランドイメージの向上、メーカーの想いを伝える為のユーザーとの接点の場としてオートモビルカウンシルを上手く活用しているのは、マツダだけに思えました。
一番奥で最大ブースがマツダだなんて!

「カーデザイン」って自動車メーカーとしては、超トップシークレットなのですが、そんなデザイン部の中核の人たち(現役とOB)を引っ張りだせるのも今のマツダの凄いところです。
おかげで「魁」のコンセプトもしっかり理解できたし自社のクルマへの愛着や葛藤をなどひしひしと伝わりました。 他のメーカーもやれば良いのに…。
FFファミリアから魁コンセプトへ…ただ似せるのではなく想いを繋ぐ事で似ている部分が必然的に見えてくる…デザインって本当に深くて難しいですね。 

あと、説明員(実は開発の方)のフレーム剛性の話も熱く話してくれて、とても面白かったです。

過去にも書いた事がありますが、古いクルマを並べるのがこのショーの目的ではありません日本のクルマ文化なのです。

ホンダも今回は、歴代レジェンド推しは良かったけでブースの人たちのやる気なさが残念でした。 一番不器用だけど一番伝わるのがホンダだったはずなのに…

今回の戦利品 合わせて2000円なーり(笑)。

出展社もクルマ関係ばかりでなく、カーディテイリングショップやレコードショップ、ミニカーショップ、画商、高級家具メーカーやモナコ観光局までもが出展してます。 これらは全く関係ない訳では決して無と思います。こういった事からクルマ文化を語り育てて行くのはとても良い事ですねー!

私は、このモビルカウンシルが大好きなモーターショーなので今までも期待も込めて毎年ウダウダ言っていましたが、来年もお客さんとして楽しみにしたいと思います。



ガラス系コーティング剤、内装補修インテリアリペア・ガラスリペアの事はコチラ!
↓↓↓↓

世界に認められたカーケア商品グラニタイズ(GRANITIZE)ホームページ米国グラニタイズ社製 カーケミカル オートグロスシリーズの事はコチラ!
↓↓↓↓

#アスナル
#インテリアリペア
#内装修理
#ウィンドリペア
#グラニタイズ
#GRANITIZE



 

2018年7月25日水曜日

子供達からお手紙を頂きました。 お手伝い体験

最近は、東北や関西などずっと展示会などで飛び回っている日々をすごしていてるのですが、久々に会社に帰ってきたら、先日の子供達が洗車体験の御礼のお手紙が机の上にありました。


本当に嬉しい!これがあるから頑張れるんですね…。
 
…でも、家のクルマの名前は、ちゃんと覚えてねー!


ガラス系コーティング剤、内装補修インテリアリペア・ガラスリペアの事はコチラ!
↓↓↓↓

世界に認められたカーケア商品グラニタイズ(GRANITIZE)ホームページ米国グラニタイズ社製 カーケミカル オートグロスシリーズの事はコチラ!
↓↓↓↓

#アスナル
#インテリアリペア
#内装修理
#ウィンドリペア
#グラニタイズ
#GRANITIZE

2018年7月7日土曜日

ハンドコントロール(下肢障害者の自動車手動運転補助装置)の販売をはじめました。

以前、紹介させて頂いた㈱ニコドライブのハンドコントロール(下肢障害者の自動車手動運転補助装置)の販売をアスナルとして正式にスタートしました。
通常のAT車に「ハンドコントロール」を装着(その場でだれでも可能)する事で手でアクセルとブレーキ操作ができるので、車いすの人でも運転がすぐにできる画期的な商品なのです。

もちろん健常者の人でも運転できます(保険も問題ありません)。 ちなみに私はこれで岩手や大阪まで運転しましたが、高速道路や街中でも違和感無く運転できました。

下肢障害者の方は、クルマは日常生活に欠かせない大事なツールなので、1日でもないと日常生活に支障が出ます・・・

走行に支障のない故障や補修であれば、そのまま乗り続ける事が多いと言います。 もちろん、ディテイリングサービスなんか一番お願いしにくいサービスの一つになります。

施工店としてハンドコントロールを用意したり販売する事でメリットもあります。

福祉車輌の代車を用意しなくて良かったり、車輌(新車中古車問わず)とセットで販売する事で自治体に補助金や助成を申請する事ができるのでクルマの販売が勧めやすくなります。
この「ハンドコントロール」さえあれば、一緒にドライブや旅行を楽しめたり、旅行先でレンタカーを借りたり、ATであれば好きなクルマを買ってカスタムしたりピカピカにできるので、夢がたくさん広がります。

昨年の当社のディテイリングセミナーでも㈱ニコドライブの神村社長にご登壇頂き、大反響を呼んだ「ハンドコントロール」ですが、カーアフターマーケット業界での認知度はまだまだ低いのです。

「ハンドコントロール」は、カーアフターマーケット業界に係る人間として、一人でも多くお方に是非とも知っていてほしい商品のひとつです。

試乗はもちろん、1日レンタル(有料)もできますので、ご興味を持って頂いた方は、是非お気軽にお問い合わせ下さい! 詳しい内容のパンフレットもあります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓



ガラス系コーティング剤、内装補修インテリアリペア・ガラスリペアの事はコチラ!
↓↓↓↓

世界に認められたカーケア商品グラニタイズ(GRANITIZE)ホームページ米国グラニタイズ社製 カーケミカル オートグロスシリーズの事はコチラ!
↓↓↓↓

#アスナル
#インテリアリペア
#内装修理
#ウィンドリペア
#グラニタイズ
#GRANITIZE

2018年6月29日金曜日

クルマ業界の厳しい現実を目の当たりにしました・・・。

アスナルでは、毎年近くの小学3年生を迎えて、洗車体験をしてもらっています。
洗車はもちろん車内もクリーニングして、結構本気でやってもらってます(笑)。
今年は、早々に梅雨も明けて、気温も高かったので、体中をびちゃびちゃにしながら本当に素直に一生懸命に洗車をやってくれます。 笑いも絶えず本当に有意義な時間です。


どうですか!カワイイですよね! 

しかし!軽い気持ちで聞いた質問の答えに今のクルマ業界の厳しい現実を突きつけられました・・・業界関係者の皆さん、25秒あたりから最後までしっかり見て下さいね(笑)。
本当に恐ろしい・・・

でも、決して子供達のせいではなく、我々がこういう状況を作ってしまったのですね・・・

いつも、アルバイト代としてグラニタイズのカーシャンプーをプレゼントしているのですが、お家のクルマも是非洗ってね!



ガラス系コーティング剤、内装補修インテリアリペア・ガラスリペアの事はコチラ!
↓↓↓↓

世界に認められたカーケア商品グラニタイズ(GRANITIZE)ホームページ米国グラニタイズ社製 カーケミカル オートグロスシリーズの事はコチラ!
↓↓↓↓

#アスナル
#インテリアリペア
#内装修理
#ウィンドリペア
#グラニタイズ
#GRANITIZE

行ってきました。イギリス1200kmの旅 その②

ロンドンにも1日いる事ができました。
いまや人の歩く速さが世界一になったそうで、それだけ経済が活性化している証拠なのですが、やはり気になるのが、ロンドンを走りまわるクルマ達でした(笑)。




お!ロンドンタクシーと思いきや・・・

新型ロンドンタクシーTX5も走り始めましたねロンドンタクシーの面影をシッカリ残した愛嬌のある名物タクシーなのですが、何と、これハイブリッド電気自動車なんです!
※通常走行はモーターで発電用として3気筒ガソリンエンジン搭載されています。

中国の自動車メーカー「吉利汽車」傘下のロンドンEV社がイギリス国内で製造しており傘下のボルボのパーツもフンダンに使用しています。

そして、日本にもJAPANTAXIがチラホラ見ることが多くなってきましたが・・・
何もクラウンコンフォートの面影を残さなくても・・・ある意味日本的なデザインなの? 居住性は良いのですが、タントなんかのファミリーカーベースでは、先進性ので遅れは否めませんね。

ちなみに騎馬隊も走ってます(笑)。

ガラス系コーティング剤、内装補修インテリアリペア・ガラスリペアの事はコチラ!
↓↓↓↓

世界に認められたカーケア商品グラニタイズ(GRANITIZE)ホームページ米国グラニタイズ社製 カーケミカル オートグロスシリーズの事はコチラ!
↓↓↓↓

#アスナル
#インテリアリペア
#内装修理
#ウィンドリペア
#グラニタイズ
#GRANITIZE





行ってきました。 イギリス1200kmの旅 その①

イギリスに行ってきました。
今回は、プライベートと仕事の半分ずつだったのですが、レンタカーを借りてヒースロー~グラストンベリー~ペンザンスの約1200kmを走破しましたが、日本と同じ右ハンドル左通行、ランナバウト、運転する人みんなの交通マナー(意識)も高いので、なまじ、追い越し車線をダラ~っと走っている人が多い日本の道路よりも全然走りやすかったです。


今回の相棒はこれ!フォードのミニバンS-MAX 日本から5人でトランクもあったので7シートをチョイスしましたが、日本では絶対にない6速マニュアルをチョイスしました。


こんなところをのんびりドライブと思いきや・・・
絶対に日本よりも精度の高いナビも容赦のない道を案内します・・・メッチャ怖い!
ほらね・・・
そんな中、すれ違い狭間に目に留ったクルマは数知れず・・・


何度も遭遇したVWキャンパー イギリス人のキャンプ好きは本物です(笑)。

休憩しようと入ったサービスエリアにこんなのが普通に停まっているからイギリスは凄い・・・






イギリスのクルマ文化に触れて「日本もこうあるべき!」と思ったり「日本の方が良いな~」と思ったりしながら、6速マニュアルのミニバンを運転してました(笑)。

2012年に初めて行った時と大きく変わった印象も受ければ、全く変わらないモノもたくさんあり、イギリスの自動車文化に触れることで斜陽と言われて久しい日本のカーアフターマーケットもまだまだやれる事が沢山ある事に気付かされました。

行ってきました。 イギリス1200kmの旅 その②

ガラス系コーティング剤、内装補修インテリアリペア・ガラスリペアの事はコチラ!
↓↓↓↓

世界に認められたカーケア商品グラニタイズ(GRANITIZE)ホームページ米国グラニタイズ社製 カーケミカル オートグロスシリーズの事はコチラ!
↓↓↓↓

#アスナル
#インテリアリペア
#内装修理
#ウィンドリペア
#グラニタイズ
#GRANITIZE