2011年3月14日月曜日

世界の中の日本



東北関東大震災の発生により被災された皆様におかれましては、心よりお見舞い申しあげます。

報道されている被災地の方々の気丈な振る舞いを見る度に胸が熱くなり、
心から敬服致します。

私も、この国の住人として苦しみを分け合い、この未曾有の困難を乗り超え一日も早く穏やかな日常が訪れる事を心より願います。



現時点での世界から届くエールを紹介したいと思います。

CNNより
「有史以来最悪の地震が、世界で一番準備され訓練された国を襲った。
犠牲は出たが他の国ではこんな正しい行動はとれないだろう。
日本人は文化的に感情を抑制する力に優れている。」

ニュージーランドのラジオより
「ニュージーランドが被災した際、ニュージーランドの救助隊の側には常に日本人の救助隊がいた! だから今度は私たちが日本を助ける番だ!」


CNNの専門家の言葉
「日本の国民はミラクルだ。被害は確定しないが、他国だったら数倍の被害になっていただろう。
ハイチの500倍以上の威力の地震で津波到達まで、5分しか時間ない中で、信じられない対応だ。
この国民には常に準備がある、この国は常に事態に準備ができるのだ」


米国、韓国、中国、ロシア、欧州連合(EU)など60以上の国・地域から支援の申し出。


国連の潘基文事務総長は
「日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ。 今回は国連が全力で日本を援助する」


オバマ大統領は「必要なあらゆる支援を行うと申し出た」
ゲーツ国防長官は「日本は洗練された国家だが、あまりにも大きな災害であり、要請があることは何でもやるつもりだ」


中国全国政協会議の趙啓正報道官は、「1995年の阪神大震災で見せた日本人の力と勇気は深く印象に残っている。日本人が困難に打ち勝つことができると信じている」


日本は、まだまだ予断の許さない状況は続いています。 これから日本に向ってドンドン世界中から支援や援助が届くと思います。 それらに心から感謝し、わたしも出来うる支援を行っていきます。




0 件のコメント:

コメントを投稿